シネ・ピピア/阪急宝塚線売布神社駅前
携帯サイト交通アクセス劇場設備シネ・ピピアについてメルマガ登録お問い合わせトップページ
上映時間・作品のご案内
ただいま上映中
これからの上映作品
上映スケジュール表
テキスト版上映時間
上映終了作品
チケット&おトク情報
チケット購入・入場方法
各種割引き案内
前売券発売中
ピピアめふ会員案内
イベント情報
ピピアめふアニメ教室
そのほかのご案内
よくあるご質問
こんなサービスも
バグダッド・カフェ
リンク
大阪九条 シネ・ヌーヴォ
売布神社駅前ビル ピピアめふ
 
 
 
 
 
これからの上映作品
(最終更新日2019/2/9)
※上映スケジュールは都合により変更になる場合がございます。
 

【シネマ1】
ヴィクトリア女王 最期の秘密 | ボヘミアン・ラプソディ
【シネマ2】
日日是好日

 
 
シネマ1ヴィクトリア女王 最期の秘密 VICTORIA & ABDUL公式サイト

2/23(土)から3/8(金)上映決定!
2017年/イギリス・アメリカ/112分/DCP
◎監督:スティーヴン・フリアーズ/原作:シュラバニ・バス/脚本:リー・ホール
◎出演:ジュディ・デンチ、アリ・ファザール、エディ・イザード、アディール・アクタル、マイケル・ガンボン

心をひらいた。人生が愛おしくなった――。
女王の晩年を輝かせたインド人従者との強い絆。
一世紀もの間、隠されてきた〈真実〉の物語。

◆2019年生誕200年を迎えるイギリス・ヴィクトリア女王。1887年、ヴィクトリア女王の在位50周年記念式典に、英領インドからやってきた若者アブドゥル。最愛の夫と従僕を亡くした孤独から心を閉ざした女王と若者の交流が、やがて英国王室を揺るがす大騒動に…。女王の晩年を輝かせた感動の実話。王室離宮での撮影も必見!

『ヴィクトリア女王 最期の秘密』チラシ画像 ©2017 FOCUS FEATURES LLC.
 ●2/23(土)から3/1(金)
上映開始時間 12:35 ※17:20            
上映終了時間 14:30 19:15            
 ●3/2(土)から3/8(金)
上映開始時間 10:50 15:40            
上映終了時間 12:50 17:40            
備考
 3歳未満のお子様の入場は不可
入場料金  一般1800円、学生1500円、高・中・小・幼(3歳以上)1000円・シニア割(60歳以上)1100円、会員1000円
 ※17時以降最終回割引1300円
 
  このページのトップへ  
 
シネマ1ボヘミアン・ラプソディ BOHEMIAN RHAPSODY公式サイト

3/9(土)からアンコール上映決定
2018年/イギリス・アメリカ/135分/DCP
◎監督:ブライアン・シンガー/脚本:アンソニー・マクカーテン
◎出演:ラミ・マレック、ルーシー・ボーイントン、グウィリム・リー、ベン・ハーディ、ジョセフ・マッゼロ、エイダン・ギレン、トム・ホランダー、アレン・リーチ、マイク・マイヤーズ、アーロン・マカスカー、ダーモット・マーフィ

伝説のバンド<クイーン>。その生き様が世界を変えた感動の物語!!

◆世界、日本で大旋風を巻き起こしている感動作。数々の名曲で知られる伝説のロックバンド「クイーン」の栄光と知られざる苦闘の物語を、リード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの短くも壮絶な人生を軸に描き出した感動の音楽伝記映画。ラスト21分の圧巻の音楽シーンに大興奮、涙!!

『ボヘミアン・ラプソディ』チラシ画像 ©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
 
  このページのトップへ  
 
シネマ2日日是好日(にちにちこれこうじつ)公式サイト

3/24(土)から再アンコール上映決定!
2018年/東京テアトル/100分/DCP
◎監督・脚本:大森立嗣/原作:森下典子「日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ」(新潮文庫刊)
◎出演:黒木華、樹木希林、多部未華子、鶴田真由、鶴見辰吾

樹木希林さん、最後の公開作で扮したのはお茶の先生役。凛としながらも親しみ溢れる見事さ!

◆9月15日に死去した樹木希林さんが、お茶の先生役に扮した静かなる感動作。人気エッセイストの森下典子が、茶道教室に通う日々の中で体験したいくつもの気づきや感動を綴った原作を映画化。母親の勧めで茶道教室へ通うことになった女子大生が、茶道の奥深さに触れ、成長していく姿を描く。主人公に黒木華、一緒にお茶に通う従姉に多部未華子、お茶の先生に樹木希林。樹木の見事なお点前に魅了。季節を五感で味わうことの素晴らしさと生きる歓び!!

『日日是好日』チラシ画像 ©2018「日日是好日」製作委員会
 
  このページのトップへ  
     
cinepipia all rights reserved