<愛しのミュージカル映画たち>

若草の頃(原題:Meet Me in St. Louis)
5/27(金)から6/2(木)10:15

『若草の頃』画像 1944年
アメリカ
113分
DCP
字幕版
監督: ヴィンセント・ミネリ 原作: サリー・ベンソン 脚色: アービング・ブレッチャー フレッド・F・フィンクルホフ 製作: アーサー・フリード 撮影: ジョージ・J・フォルシー 音楽: ジョージー・ストール
出演:ジュディ・ガーランド マーガレット・オブライエン メアリー・アスター ルシル・ブレマー トム・ドレイク

★第17回 アカデミー賞(1945年) 脚色賞/撮影賞/作曲賞/歌曲賞 ノミネート

20世紀初頭のセントルイスを舞台にした、心温まるファミリー・ミュージカル。主演のジュディ・ガーランドはこの作品が縁で監督のヴィンセント・ミネリと結婚し、娘ライザ・ミネリが生まれた。ミュージカル映画の楽しさとともに、古き良きアメリカの姿に堪能!!

公式サイト→https://theatres-classics.com

このページのトップへ


紳士は金髪がお好き(原題:Gentleman Prefer Blondes)
5/27(金)から6/2(木)12:30

『紳士は金髪がお好き』画像 1953年
アメリカ
91分
DCP
字幕版
監督:ハワード・ホークス 製作:ソル・C・シーゲル 原作:ジョゼフ・フィルズ アニタ・ルース 撮影:ハリー・J・ワイルド 音楽:ライオネル・ニューマン ジュール・スタイン
出演:ジェーン・ラッセル マリリン・モンロー チャールズ・コバーン

1920年代、ニューヨークからパリへと向かう船上が主な舞台。お金持ちと結婚してゴージャスな生活を送ることを夢見る、二人のショーガールが巻き起こす恋愛喜劇。マリリン・モンローの出世作。

公式サイト→https://theatres-classics.com

このページのトップへ


イースター・パレード(原題:Easter Parade)
6/3(金)から6/9(木)12:30

『イースター・パレード』画像 1948年
アメリカ
103分
監督: チャールズ・ウォルターズ 原作: フランセス・グッドリッチ アルバート・ハケット 脚色: シドニー・シェルダン フランセス・グッドリッチ アルバート・ハケット 製作: アーサー・フリード 撮影: ハリー・ストラドリング 作詞・作曲: アーヴィング・バーリン 振付: ロバート・アルトン
出演:ジュディ・ガーランド フレッド・アステア ピーター・ローフォード アン・ミラー

★第21回 アカデミー賞(1949年) 作曲賞 受賞

ハリウッドきってのミュージカルスター、ジュディ・ガーランドとフレッド・アステアが初共演。1910年代のニューヨークを舞台に、二人の持ち味と芸が見事に呼応しあい、愉しく生き生きとしたバックステージものに仕上がったミュージカル名編。

公式サイト→https://theatres-classics.com

このページのトップへ


ビクター/ビクトリア(原題:VICTOR VICTORIA)
6/3(金)から6/9(木)15:10

『ビクター/ビクトリア』画像 1982年
アメリカ
133分
監督・脚本:ブレイク・エドワーズ 製作:ブレイク・エドワーズ トニー・アダムス 美術: ロジャー・マウス 撮影: ディック・ブッシュ 音楽: ヘンリー・マンシーニ 振付: パディー・ストーン
出演:ジュリー・アンドリュース ジェームズ・ガーナー ロバート・プレストン レスリー・アン・ウォーレン

★第55回 アカデミー賞(1983年) 歌曲・編曲賞 受賞

ジュリー・アンドリュースが主演を務め、売れないソプラノ歌手が女装の男性歌手として人気を集めたことから巻き起こる騒動を描いたミュージカル映画。1930年代のパリを背景に、ヘンリー・マンシーニが作曲を手がけ、第55回アカデミー賞で歌曲・編曲賞を受賞。

公式サイト→https://theatres-classics.com

このページのトップへ


巴里のアメリカ人(原題:An American in Paris)
6/10(金)から6/16(木)10:15

『巴里のアメリカ人』画像 1951年
アメリカ
113分
監督: ヴィンセント・ミネリ 脚本・原作: アラン・ジェイ・ラーナー 製作: アーサー・フリード 撮影: アルフレッド・ギルクス 音楽: ジョージ・ガーシュウィン 振付: ジーン・ケリー
出演:ジーン・ケリー レスリー・キャロン オスカー・レヴァント ジョルジュ・ゲタリー

★第24回 アカデミー賞(1952年) 作品賞/脚本賞/撮影賞/作曲賞/美術賞/衣裳デザイン賞 受賞

ジーン・ケリーが振付と主演を務め、1952年・第24回アカデミー賞で作品賞を含む6部門に輝いた傑作ミュージカル。第二次大戦後のパリ。ジーン・ケリーは退役後も祖国へ帰らずに、画家としての夢を実現させようと、仲間たちと気ままに暮らしていたが…。

公式サイト→https://theatres-classics.com

このページのトップへ


上流社会(原題:High Society)
6/10(金)から6/16(木)15:20

『上流社会』画像 1956年
アメリカ
111分
監督: ヴィンセント・ミネリ 脚本・原作: アラン・ジェイ・ラーナー 製作: アーサー・フリード 撮影: アルフレッド・ギルクス 音楽: ジョージ・ガーシュウィン 振付: ジーン・ケリー
出演:ジーン・ケリー レスリー・キャロン オスカー・レヴァント ジョルジュ・ゲタリー

★第29回 アカデミー賞(1957年) 作曲賞/歌曲賞 ノミネート

1940年の名作を、コール・ポーターの歌曲でリメイクしたミュージカル映画。モナコ大公との結婚で女優を引退したグレース・ケリーの最後の映画出演作。ビング・クロスビーと不ランク・シナトラが共演し、ジャズの巨匠ルイ・アームストロングが本人役で登場!

公式サイト→https://theatres-classics.com

このページのトップへ


ロベール・ブレッソン(1901-1999/フランス)静謐な映像美が素晴らしい孤高の映画作家

たぶん悪魔が(原題:Le diable probablement)
6/10(金)から6/16(木)13:55

『たぶん悪魔が』画像 1977年
フランス
97分
DCP
字幕スーパー版
監督・脚本・台詞:ロベール・ブレッソン 撮影:パスクァリーノ・デ・サンティス
出演:アントワーヌ・モニエ ティナ・イリサリ アンリ・ド・モーブラン レティシア・カルカノ

孤高の映像作家ロベール・ブレッソンが、自然破壊が進み、社会通念が激減しつつある1970年代のパリを舞台に、ひとりの若者の死と生を見つめた終末論的な問題作。ブレッソン美学の到達点として絶賛。第27回ベルリン国際映画祭銀熊賞に輝いた傑作。

公式サイト→https://lancelotakuma.jp/

©1977 GAUMONT

このページのトップへ


湖のランスロ(原題:Lancelot du Lac)
6/17(金)から6/23(木)10:05

『湖のランスロ』画像 1974年
フランス/イタリア
84分
DCP
字幕スーパー版
監督・脚本・台詞:ロベール・ブレッソン 撮影:パスクァリーノ・デ・サンティス
出演:リュック・シモン ローラ・デューク・コンドミナス アンベール・バルザン

中世のアーサー王伝説を基に、王妃グニエーヴルと円卓の騎士ランスロの禁断の恋を中心に描く時代劇。王妃と騎士が道ならぬ恋に落ちたことで、円卓の騎士たちの間に亀裂が生じて…。20年も企画を温めていたブレッソン監督の悲願の企画にして異色作。

公式サイト→https://lancelotakuma.jp/

©1974 Gaumont / Laser Production / France 3 Cinema (France) / Gerico Sound (Italie)

このページのトップへ


ピエル・パオロ・パゾリーニ(1922-1975/イタリア)…詩人・作家・映画監督として活躍したイタリアの異才

テオレマ 4Kスキャン版(原題:Teorema)

『テオレマ』画像 1968年
イタリア
99分
DCP
字幕版
PG12(小学生には助言・指導が必要)
監督・脚本:ピエル・パオロ・パゾリーニ 撮影:ジュゼッペ・ルッツォリーニ 音楽: エンニオ・モリコーネ
出演:テレンス・スタンプ シルヴァーナ・マンガーノ アンヌ・ヴィアゼムスキー ラウラ・ベッティ マッシモ・ジロッティ ニネット・ダヴォリ

★第29回 ベネチア国際映画祭最優秀女優賞

異才パゾリーニ生誕100年を記念して、最高傑作『テオレマ』修復版が甦る!ミラノ郊外の大邸宅に暮らすブルジョア一家が謎の訪問者によって狂わされていく姿を描いた異色ドラマ。森田芳光の『家族ゲーム』など後進たちに大きな影響を与えた傑作!

公式サイト→http://www.zaziefilms.com/ppp2022/

©1985 - Mondo TV S.p.A.

このページのトップへ


王女メディア(原題:Medea)

『王女メディア』画像 1969年
イタリア/フランス/西ドイツ
112分
DCP
字幕版
監督・脚本:ピエル・パオロ・パゾリーニ 原作:エウリピデス 撮影:エンニオ・グァルニエリ 美術:ダンテ・フェレッティ 編集:ニーノ・バラーリ
出演:マリア・カラス マッシモ・ジロッティ ジュゼッペ・ジェンティーレ マルガレート・クレメンティ

パゾリーニが歌姫マリア・カラス唯一の映画主演作を撮っていた!それもギリシャ悲劇を題材にした壮大な復讐譚。当時カラスは9年に渡り愛し続けた恋人に裏切られた直後で(68年、オナシスがジャクリーン・ケネディと結婚)、世界が固唾を飲んで見守った超話題作となった!!

公式サイト→http://www.zaziefilms.com/ppp2022/

MEDEA © 1969 SND(Groupe M6). All Rights Reserved.

このページのトップへ


ジャン=リュック・ゴダール(1920-)ヌーヴェルヴァーグの旗手にして、20世紀最も重要な監督の一人

気狂いピエロ 50周年2Kレストア版(原題:PIERROT LE FOU)
7/8(金)から7/14(木)上映時間未定

『気狂いピエロ 50周年2Kレストア版』画像 1965年(2015年2Kレストア版)
フランス
110分
DCP
字幕版
監督・脚本・台詞:ジャン=リュック・ゴダール 原作:ライオネル・ホワイト 製作:ジョルジュ・ドゥ・ボールガール ディノ・デ・ラウレンティス 撮影:ラウル・クタール 美術:ピエール・ギュフロワ 音楽:アントワーヌ・デュアメル
出演:ジャン=ポール・ベルモンド アンナ・カリーナ グラツィエラ・ガルヴァーニ ダーク・サンダース サミュエル・フラー ジミー・カルービ レイモン・ドボス ラズロ・サボ ロジェ・デュトワ ハンス・メイヤー ジャン=ピエール・レオー

自由!挑発!疾走!目くるめく引用と色彩の氾濫、そして饒舌なポエジーとロマンチスム…。巨匠ジャン=リュック・ゴダールの頂点であり、ヌーヴェル・ヴァーグの奇跡的最高傑作!ベルモンドとミューズアンナ・カリーナ、そして夕陽に沈むランボーの詩。名作!

公式サイト→http://katte-pierrot.2022.onlyhearts.co.jp/

このページのトップへ

©1962 STUDIOCANAL / SOCIETE NOUVELLE DE CINEMATOGRAPHIE / DINO DE LAURENTIS CINEMATOGRAPHICA, S.P.A. (ROME). ALL RIGHTS RESERVED.


勝手にしやがれ 60周年4Kレストア決定版(原題:A BOUT DE SOUFFLE)
7/15(金)から7/21(木)上映時間未定

『勝手にしやがれ 60周年4Kレストア決定版』画像 1960年(2020年4Kレストア版)
フランス
90分
DCP
字幕版
監督・脚本・台詞:ジャン=リュック・ゴダール 原案:フランソワ・トリュフォー 監修:クロード・シャブロル 製作:ジョルジュ・ドゥ・ボールガール 撮影:ラウル・クタール 音楽:マルシャル・ソラル
出演:ジャン=ポール・ベルモンド ジーン・セバーグ ダニエル・ブーランジェ ジャン=ピエール・メルヴィル アンリ=ジャック・ユエ ジャン=リュック・ゴダール

★第10回 ベルリン国際映画祭最優秀監督賞

世界の映画人に圧倒的な影響を及ぼし続け、映画に革命を起こしたヌーヴェル・ヴァーグ不滅の金字塔!犯罪に手を染めた男(ベルモンド)とアメリカ人留学生(ジーン・セバーグ)との関係を軸に、破滅へと向かう男の姿を、即興演出や手持ちカメラで瑞々しく描く名編。

公式サイト→http://katte-pierrot.2022.onlyhearts.co.jp/

©1960 STUDIOCANAL – Société Nouvelle de Cinématographie – ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ

「若草の頃」「紳士は金髪がお好き」「イースター・パレード」「ビクター/ビクトリア」「巴里のアメリカ人」「上流社会」「たぶん悪魔が」©1977 GAUMONT 「湖のランスロ」© 1974 Gaumont / Laser Production / France 3 Cinema (France) / Gerico Sound (Italie) 「テオレマ」©1985 - Mondo TV S.p.A. 「王女メディア」MEDEA©1969 SND(Groupe M6). All Rights Reserved. 「勝手にしやがれ」©1960 STUDIOCANAL – Société Nouvelle de Cinématographie – ALL RIGHTS RESERVED. 「気狂いピエロ」©1962 STUDIOCANAL / SOCIETE NOUVELLE DE CINEMATOGRAPHIE / DINO DE LAURENTIS CINEMATOGRAPHICA, S.P.A. (ROME). ALL RIGHTS RESERVED.