アンネ・フランクと旅する日記(原題:Where Is Anne Frank)

『アンネ・フランクと旅する日記』画像 7/22(金)〜28(木)
2021年
デンマーク・スウェーデン・ノルウェー・フランス
89分
DCP
字幕版
アニメーション
原案:「アンネの日記」(ユネスコ「世界記憶遺産」2009年登録)
協力:アンネ・フランク基金
監督・脚本:アリ・フォルマン アニメーション監督:ヨニ・グッドマン アートディレクター:レナ・グバーマン オリジナルスコア:カレンO/ベン・ゴールドワッサー
声の出演:ルビー・ストークス/エミリー・キャリー

第2次世界大戦下のオランダで、アンネ・フランクが記した不朽の名作『アンネの日記』。アンネの空想の友人であるキティーが、過去から現代のオランダにタイムスリップし、アンネの生涯をたどっていく。紡がれることのなかった日記のその後をアニメで描く感動作。

公式サイト→https://happinet-phantom.com/anne/

© ANNE FRANK FONDS BASEL, SWITZERLAND

このページのトップへ


主戦場(原題:SHUSENJO: THE MAIN BATTLEGROUND OF THE COMFORT WOMEN ISSUE)

『主戦場』画像 7/22(金)〜28(木)
2018年
アメリカ
122分
DCP
字幕版
ドキュメンタリー
監督・脚本・撮影・編集・ナレーション・プロデューサー:ミキ・デザキ
出演:トニー・マラーノ、櫻井よしこ、杉田水脈、ケント・ギルバート、植村隆

従軍慰安婦問題をテーマに保守派の論客など論争の当事者たちが赤裸々に語る問題作。日系米国人のミキ・デザキ監督がタブーの問題に果敢に挑戦。その後、本作の上映禁止を求めて提訴されるも勝訴。いまなお裁判中の問題作。なぜここまで目の仇にされたのか?

公式サイト→http://www.shusenjo.jp/

©NO MAN PRODUCTIONS LLC

このページのトップへ


ひまわり 50周年HDレストア版(原題:I GIRASOLI 英題:SUNFLOWER)

『ひまわり』画像 7/29(金)〜8/10(水)
1970年
イタリア
107分
DCP
字幕スーパー版
監督:ヴィットリオ・デ・シーカ 制作:カルロ・ポンティ
撮影:ジュゼッペ・ロトゥンノ 音楽:ヘンリー・マンシーニ
出演:ソフィア・ローレン マルチェロ・マストロヤンニ リュドミラ・サベーリエワ

第2次世界大戦によって引き裂かれた男女の悲しい愛を描いた永遠の名作。ひまわり畑のシーンはウクライナのキエフから南へ500kmほど行ったヘルソン州で撮影。ロシアの侵攻により戦場と化したウクライナの平和を祈り6月に続きアンコール上映!

公式サイト→http://himawari-2020.com/

© 1970 – COMPAGNIA CINEMATOGRAFICA CHAMPION(IT) – FILMS CONCORDIA(FR) – SURF FILM SRL, ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ


沖縄の民

『沖縄の民』画像 7/29(金)〜8/4(木)
1956年
日活
96分
デジタル
監督・脚本:古川卓己 原作:石野径一郎 撮影:間宮義雄
出演:左幸子、安井昌二、長門裕之、金子信雄、安部徹、二本柳寛、織田政雄、信欣三、高友子、西村晃、原ひさ子、岡田眞澄、二谷英明

小学校の女教師・左幸子と教え子と家族、女子学徒隊など、第二次大戦末期の沖縄攻防戦を民間人の立場から描く。対馬丸事件、破壊される守礼門、凄絶な砲火を浴び逃げ惑う沖縄の人々をセミドキュメンタリータッチで撮った佳作。沖縄本土復帰50年記念上映。

©日活

このページのトップへ


FLEE フリー(原題:Flugt 英題:FLEE)

『FLEE フリー』画像 7/29(金)〜8/11(木)
2021年
デンマーク・スウェーデン・ノルウェー・フランス
89分
DCP
字幕版
アニメーション
監督・脚本:ヨナス・ポヘール・ラスムセン
アニメーション監督:ケネス・ラデケア

♦2022年アカデミー賞国際長編映画賞・長編ドキュメンタリー賞・長編アニメーション賞ノミネート

アフガニスタンに生まれ育った少年アミン。父親は当局に連行され消息不明となり、残された家族はやがて命がけで祖国を脱出するが…。アミンの壮絶な半生を聞き取り映画化したドキュメンタリー・アニメーション。アカデミー賞3冠ノミネートをはじめ世界で絶賛された衝撃作。

公式サイト→https://transformer.co.jp/m/flee/

© Final Cut for Real ApS, Sun Creature Studio, Vivement Lundi!, Mostfilm, Mer Film ARTE France, Copenhagen Film Fund, Ryot Films, Vice Studios, VPRO 2021 All rights reservedFLEE

このページのトップへ


チェルノブイリ1986(原題:ЧЕРНОБЫЛЬ 英題:CHERNOBYL 1986)

『チェルノブイリ1986』画像 7/29(金)〜8/11(木)
2020年
ロシア
135分
DCP
字幕版
監督・製作・主演:ダニーラ・コズロフスキー
共演:オクサナ・アキンシナ、フィリップ・アヴデーエフ

ソ連だったウクライナの街プリピャチで起きたチェルノブイリ(チョルノービリ)原子力発電所の爆発事故を、現場に駆け付け、命がけの事故対応に当たった消防士とその家族の視点から描き出したロシア映画。ウクライナ映画人も製作に参加。ロシア軍の侵攻は許されない!

公式サイト→https://chernobyl1986-movie.com/

© << Non-stop Production >> LLC, © << Central Partnership >> LLC, © << GPM KIT >> LLC, 2020. All Rights Reserved.

このページのトップへ


あゝひめゆりの塔

『あゝひめゆりの塔』画像 8/5(金)〜8/11(木)
1968年
日活
125分
35ミリ
監督:舛田利雄 原作:石野径一郎 脚本:八木保太郎ほか
出演:吉永小百合、浜田光夫、和泉雅子、二谷英明、藤⻯也、乙羽信子、渡哲也

太平洋戦争末期の沖縄本島で臨時看護婦部隊として従軍し、壮絶な玉砕を遂げた、沖縄師範学校の女子生徒たち「ひめゆり部隊」の悲劇を描く。吉永小百合や和泉雅子など、日活青春映画スターを総動員して製作され大ヒットした戦争映画。

©日活

このページのトップへ


東京裁判 <4Kデジタルリマスター版>

『東京裁判』画像 8/12(金)~8/18(木)
1983→2018年
日本
277分(途中休憩あり)
DCP
ドキュメンタリー
監督・脚本:小林正樹 原案:稲垣俊 脚本・監督補佐:小笠原清 編集:浦岡敬一 音楽:武満徹 ナレーター:佐藤慶

♦第35回ベルリン国際映画祭国際映画批評家連盟賞受賞

1945年8月に降伏した日本の戦後の運命を決定づけた極東国際軍事裁判(東京裁判)の全貌を描いた、堂々4時間37分の大傑作。アメリカ国防総省が撮影していた膨大な裁判記録をもとに、小林正樹監督が映画化した日本映画史上に残るドキュメンタリーの名作。

※特別料金につき、シネ・ピピアの各種招待券・鑑賞券、各種割引はご利用いただけません。

©講談社2018

このページのトップへ


美しい夏キリシマ

『美しい夏キリシマ』画像 8/12(金)~8/18(木)
2003年
日本
118分
35ミリ
監督:黒木和雄 脚本:松田正隆、黒木和雄 撮影:田村正毅
出演:柄本佑、原田芳雄、牧瀬里穂、小田エリカ、石田えり、左時枝、香川照之、中島ひろ子、宮下順子、寺島進、入江若葉、甲本雅裕、眞島秀和

♦第77回キネマ旬報ベストテン第1位・監督賞・新人男優賞(柄本佑)受賞

終戦当時15歳の少年だった黒木和雄監督の痛切な体験をもとに映画化し、数々の映画賞に輝いた名作。描かれるのは銃後の九州・宮崎の美しい村。戦争という暴力は、戦場だけでなく、銃後に生きる人々にも向けられている事実を庶民の視点から描いた戦争映画。

©2003ランブルフィッシュ

このページのトップへ


野火

『野火』画像 8/12(金)~8/15(月)
2014年
日本
87分
DCP
PG12(小学生には助言・指導が必要)
監督・脚本・編集・撮影・製作:塚本晋也 原作:大岡昇平
出演:塚本晋也、リリー・フランキー、中村達也、森優作、中村優子、山本浩司

戦後70年を機に、大岡昇平の名作を塚本晋也監督が映画化。凄惨を極めた太平洋戦争末期のフィリピン・レイテ島を舞台に、一人の敗残兵が極度の飢えに襲われた中で体験する戦場の狂気とその地獄絵図を通して、人間の尊厳をめぐる問いと戦争の本質に迫る問題作。

公式サイト→http://nobi-movie.com/

© SHINYA TSUKAMOTO / KAIJYU THEATER

このページのトップへ


ビルマの竪琴

『ビルマの竪琴』画像 8/19(金)→25(木)
1956年
日活
116分
35ミリ
監督:市川崑 原作:竹山道雄 脚本:和田夏十 音楽:伊福部昭
出演:三国連太郎、安井昌二、内藤武敏、西村晃、三橋達也、伊藤雄之助

♦ヴェネツィア国際映画祭サン・ジョルジョ賞受賞、アカデミー外国語映画賞ノミネート

戦死した同胞の供養のため終戦後もビルマ(ミャンマー)に残ることを決意した一人の兵隊を、戦友たちの目を通して描いた名作。水島上等兵が奏でる竪琴の調べ、戦地での「埴生の宿」の歌声なども深く胸をうつ。信仰と癒しの国が、軍事クーデターで破壊されている…。

© 日活

このページのトップへ


ある戦争(原題:Krigen 英題:A WAR)

『ある戦争』画像 8/19(金)~8/25(木)
2015年
デンマーク
115分
DCP
字幕版
監督・脚本:トビアス・リンホルム 撮影監督:マウヌス・ノアンホフ・ヨンク
出演:ピルー・アスベック、ツヴァ・ノヴォトニー、ソーレン・マリン

タリバン圧政下のアフガニスタンで平和維持活動にあたるデンマーク軍の兵士たち。死と隣り合わせの中で部下を守るため、誤って民間人の命を奪ってしまった兵士の葛藤と家族の絆を、アフガニスタンの紛争地域と法廷を舞台に描く戦争映画。戦争の悲劇はここでも…。

© 2015 NORDISK FILM PRODUCTION A / S

このページのトップへ


消えた中隊 ソ満国境2号作戦

『消えた中隊 ソ満国境2号作戦』画像 8/19(金)〜8/25(木)
1954年
日活
93分
デジタル
監督・撮影:三村明 原作:井手雅人 脚本:黒澤明、菊島隆三
出演:辰⺒柳太郎、島崎雪子、島田正吾、石山健二郎、河村憲一郎、清水彰、梅原道子

直木賞候補となった井手雅人の小説『地の塩』を黒澤明と菊島隆三が共同脚色、世界的名キャメラマン三村明の唯一の監督作品。昭和16年、ソ連国境の北満の監視哨が舞台。監視哨の中隊を全滅させたのは味方である日本軍だった! 戦争の悲劇を描く驚きの問題作!!

© 日活

このページのトップへ

『あゝひめゆりの塔』©日活